ストック

あぶらな科 南ヨーロッパ原産

 

 ストックとは英語で、茎や幹のことを意味します。ピンクや紫色等のパステルカラーの花穂が太い茎に支えられて咲くのが印象的なことから名付けられました。和名のアラセイトウは、灰白色の葉を毛織物ラセイタ(ポルトガル語)に見立てたことから名付いたとされています。古代ギリシャやローマでは薬草として利用されました。

日暮れから強く甘い香りを発します。寒さのゆるんだ夜に、庭先で愛でる香りには風情がありますね。

 上手く管理すれば、春から秋まで楽しめます。長く栽培するポイントは花穂が先まで咲き終わるのを待たず、根元から摘んでしまうことで、次から次へと更新させることです。次の新しい芽が出て、花が尽きることがありません。過湿を嫌うので、水やりは様子をみながら控えめにしましょう。

 

[戻る]

渋谷区ふれあい植物センター 〒150-0011 東京都渋谷区東2-25-37 TEL:03-5468-1384 FAX:03-5468-9385
最新情報施設案内施設紹介イベント情報コラムリンクトップページ