パラミツ

原産地:インドからバングラデシュにかけて

 くわ科の高木になる常緑樹で、名前のよく知られているパンノキが同属です。

 なによりもこの木の特徴は「大型の果実になると40sにもなる」ことでしょう。世界最大の果実としてギネスブックでも紹介されています。巨大な果実が木の幹から直接ぶら下がる様子はとても不思議です。

 熟した果肉はパイナップルのような感触で甘く、未熟な果実はカレーの具などにする野菜として、また種子を炒ったり煮たりして食べることも出来ます。

 大きく生長すると樹高が20m以上にもなり、樹から出る樹液からシロップを採ったりお酒を造ったりします。丈夫な樹皮を剥がして繊維を、優れた木材として仏像や家具、楽器を作るのに使用されます。

 

[戻る]

渋谷区ふれあい植物センター 〒150-0011 東京都渋谷区東2-25-37 TEL:03-5468-1384 FAX:03-5468-9385
最新情報施設案内施設紹介イベント情報コラムリンクトップページ