コーヒー

 赤道を挟んで、南北25度の範囲、コーヒーを産する熱帯地域をコーヒーベルトと呼んでいます。アカネ科・コーヒー属は、熱帯アフリカ、インド東部、東南アジアに分布しています。

 皆さん愛飲のコーヒーは、アラビカ種で、エチオピア原産といわれています。この他、リベリカ種、ロブスター種、ベンガル種が栽培されていますが、味が劣ると言うのが一般的な評価です。

 コーヒーの花は、白色、小型で芳香があり、年中咲きます。紅色に熟した実の果肉は甘いので、コーヒーチェリーと呼ばれます。種子は2つ抱き合うように入っていて、平らな面に溝があります。

 コーヒーは、10世紀以前から、イスラムの聖職者が眠気覚しに飲んでいたといいます。16世紀にトルコ経由でヨーロッパへ伝わったのですが、キリスト教圏で広めるについては、ローマ法王が、コーヒーに洗礼を施したという逸話があります。バッハやベートーベンが、大のコーヒー好きだったという話も残っています。

[戻る]

渋谷区ふれあい植物センター 〒150-0011 東京都渋谷区東2-25-37 TEL:03-5468-1384 FAX:03-5468-9385
最新情報施設案内施設紹介イベント情報コラムリンクトップページ