グァバ

グァバという呼び方は、英語です。我が国では、中国名の「蕃石榴」をバンジロウと呼んだ方が先でした。

グァバは、アメリカの熱帯から亜熱帯が原産地です。人間が他の地域に伝えたのは、1492年出航のコロンブスが、アメリカから持ち帰ってからです。17世紀には、台湾や沖縄に伝わっていました。

この他、鳥が運んだと思われる野生のグァバが、南の島にはあるそうです。

グァバの果実は、洋梨を小さくしたような形が多く、熱しても緑色でガクが落ちません。果肉は、白から紅に近いものまであり、ねっとりして、甘いのですが、胡麻粒ほどの沢山の種子が嫌われるのか、果物店には出ません。

グァバのジュースやジャムは、ビタミンが豊富ですしグァバ茶は、高血圧に良いといいます。

小形の丸い実が黄や赤に熟すストロベリーグァバは、葉の艶が好まれて、庭園に植えられたりします。

グァバの実ははのかげにあるので、見落として帰る人が多いのは残念です。

[戻る]

渋谷区ふれあい植物センター 〒150-0011 東京都渋谷区東2-25-37 TEL:03-5468-1384 FAX:03-5468-9385
最新情報施設案内施設紹介イベント情報コラムリンクトップページ