マンゴー

皆さんはマンゴーを食べるとき、どんな具合に切っていますか。

扁平な種子を真中に、3枚に下ろし、果皮を皿に見立てて、賽の目に切れ目を入れ、スプーンですくって口に入れるのがお奨めです。

マンゴーは熱帯果実の女王と呼ばれることもある美味しいものです。しかし、一寸、松ヤニ臭がするうえ、ウルシ科の植物なので、たまに、かぶれる人もいますから注意して下さい。

皆さんが、果物としてお求めになるマンゴーは北東インドからビルマにかけての熱帯が原産地といわれています。栽培の歴史も古く、現在では世界の熱帯各地で、育てられています。品種も多く、インドでは一千種を越すといいます。

マンゴーの木は高さ五十メートル、枝張り二十メートルにもなります。広場や街路樹にも使われます。 大木の葉の間から十センチ以上の実が、数多く吊り下ってる様子は、熱帯の夏ならではの眺めです。

[戻る]

渋谷区ふれあい植物センター 〒150-0011 東京都渋谷区東2-25-37 TEL:03-5468-1384 FAX:03-5468-9385
最新情報施設案内施設紹介イベント情報コラムリンクトップページ