アセロラ

アセロラの名前は、かなり知られていますが、実際に枝している実を見た人は、どれだけいるでしょうか。また、ジュースの味は、ご存知でしょうが、新鮮な果実を味わったことのある人は、多くはないでしょう。 口に入れると、一寸酸味のある甘い漿果で、サクランボのような種子が入っています。色づくと、3日足らずで落ちてしまうので、果実店にはまず出ません。 アセロラは、キントラノオ科マルピキア属の植物です。この属の植物は、アメリカ中南部から西インド諸島の熱帯に、約40種ほどあると言われています。 植物センターの樹名板には、マルピギア・グラブラと書かれています。近縁のマルピギア・プニキフォリアも、マルピギア・エメルギナータも「アセロラ」として出まわっている上に、相互の交配品種も多いです。もう一度、調べなければと思っています。

[戻る]

渋谷区ふれあい植物センター 〒150-0011 東京都渋谷区東2-25-37 TEL:03-5468-1384 FAX:03-5468-9385
最新情報施設案内施設紹介イベント情報コラムリンクトップページ