名実共に高貴な花 ヒスイカズラ 翡翠蔓

 フィリピンのルソン島とミンドロ島の標高100mから1000mくらいの熱帯雨林地帯にだけ見られる、10m以上になるマメ科の蔓植物です。丁度日本のフジのように房状に咲くその花は宝石「ヒスイ」を思わせる青紫色で、高貴さを漂わせます。英名は「ジェイドバイン」。ジェイドは翡翠つまりターコイズブルーのことで、バインは蔓です。

 通常1月から5月頃まで順次花を咲かせますが、当園では3月頃から開花します。花房はマメ科の中では長く立派で1m以上にもなり、多いときには250個程の蕾が次々咲いていく様は本当に素晴らしいものです。1個の花も5〜7cmと見事です。

 現地では甘い蜜を目当てにフルーツバット(コウモリ)が来て花粉を媒介しているようですが、日本では最近人の手による受紛が成功しました。

写真:2010年に植物センターで初めて開花したヒスイカズラ

[戻る]

渋谷区ふれあい植物センター 〒150-0011 東京都渋谷区東2-25-37 TEL:03-5468-1384 FAX:03-5468-9385
最新情報施設案内施設紹介イベント情報コラムリンクトップページ